チャットレディはなぜここまでおすすめできるのか?

チャットレディは女性にしかできない仕事で、バイトとしてやっている人もいれば、本業でチャトレ一本でやっている人もいるくらいです。

最近では経済的な不安からか、昼の仕事とは別に副業的なものを探している女性が増えていて、実践している人もたくさんいます。ネットビジネスと言えば、代表的なものはオークションだったり、株式投資だったり、アフィリエイトといったものがあります。

ここ最近ではビットコインなどが盛り上がってきましたが、こういう投資商材はリターンも大きいですが、リスクも大きいので、知識がない人はあまり手を出しづらいですね。

他に代表的な女性ができる副業としては、データ入力や細々とした組み立ての内職などがありますが、面倒な割に全然稼げません。

チャットレディはこういった内職的なものと比べると圧倒的に稼ぎやすく、その他のメリットもあふれているので、女性で副業を求めている人はぜひ一度やってみるべきだと思います。

昼間にOLなどをやっている女性にとって、チャットレディという働き方は副業に最適だと思います。

つい一昔前までは副業禁止の会社がほとんどを占めていましたが、最近では企業側が給料を上げられない分、副業を解禁しているようですが、依然として副業を禁じている会社も多数見受けられます。

チャトレとして稼いでいきたいけど、今の本業の会社にばれたくないという人は意外と多いのではないでしょうか。そのために会社にしられずに副業をする方法を解説しましたので是非お読みください。

チャットレディを副業にしている女性が増えている

チャットレディは難しいことが何一つない

チャットレディはパソコンがすごい苦手な女性にも誰にでもできるような操作でお仕事できますし、スマホだけでも稼働が可能です。

チャットサイトのチャットレディ専用ページにアクセスしてパスワードとIDを入力することによりチャットレディのマイページに移動出来ます。そこに移動出来たら開始ボタンをクリックすることにより自動的にチャット待機状態になります。待機状態になったら男性ユーザーからのアクセスを待つだけです。

これだけ簡単に操作ができるようになっています♪大手のライブチャットならなおさら簡単に安心して使えるようになっているので、操作性の問題点は皆無といってもいいでしょう。

代理店を使うときは通勤チャットルームがあるので、なおさら簡単にお仕事が可能となっています。

すぐに支払ってもらえる

急な出費でお金がすぐ欲しいとか、給料自体が安いとか、稼ぎたい理由というのは人それぞれですよね。

なぜ皆さんはそもそもチャットレディをやってみようと思ったのでしょうか。即金がほしかったり、現在の昼の仕事の給料が安かったりしたからだと思います。

チャットレディのサイトはほぼすべてといっていいくらい日払い対応しています。

チャットレディの代理店に登録してチャットルームに登録している人は、その日の帰りに稼いだ報酬額を現金でもらえます。

その日に稼いだ報酬額がその日にもらえる仕事なんて、他にないですよね♪これだけ利便性がたかいバイトは他にありません♪

スタッフが何でも教えてくれる

通勤チャットレディでも在宅でも、どちらでも女性スタッフからアドバイスをもらうことが可能です。

通勤チャットレディの場合だったら、チャットルームに常駐しているスタッフにわからないことを直接聞いてその場で教えてもらえます。サイトの使い方がわからなくなったり、どうやったら男性からチャットしてもらいやすくなるのかとか稼ぎ方まで教えてもらえます。

在宅チャットレディでも大手のライブチャットサイトならサポートデスクが充実しているので、聞いたことは何でもすぐ答えてくれます。通勤チャットレディほどの即効性はないと思いますが、それでもかなりはやく返信がかえってきます。

他には、チャットレディの代理店だとプロフィールの反応率が高い書き方を教えてくれたり、男性ユーザーが反応しやすい画像の取り方などを教えてくれたりもします。

登録料などが不要

チャットレディは他の副業に比べると初期費用という面でとてもメリットがあります。たとえばカフェなどをオープンしようとしたら100万円以上かかってしまうと思いますが、チャトレなら一切そんな費用もかからずに着の身着のままで副業を始めることができます。

パソコンがあればパソコンでチャットレディをやってもいいですが、スマホでもチャットレディは難なく稼働することが可能なので、今時スマホをもっていない女性はいないでしょうから、スマホ一台で裸一貫で働くことができます♪

もちろんライブチャットサイトへのチャットレディとしての登録は無料ですし、代理店への登録も無料で登録可能です。

チャットレディ専用のチャットルームというところにはウィッグも無料で用意されていますし、コスプレをしてキャラクターを作りたい人は衣装も無料で貸し出しをしています。なのでほんとにかかる費用というのは皆無です。

お客さんと直接会わなくていい

チャットレディが女性の副業として人気を集めている理由の一つに、肉体的な負担がないというところです。たとえばキャバクラやファッションヘルスなどは男性とどうしても対面で物理的に何かをしなければなりませんが、チャットレディはバーチャル空間でやりとりをしているので、気軽に男性とやりとりをすることができます。

ヘルスやキャバクラやガールズバーみたいに、酒も飲まなくていいですし、体に触られたりする心配もありません。

どこでもいつでも好きなタイミングで!

チャットレディを副業にするメリットとして、本業の隙間時間にできるというのが大きな利点だといえるでしょう。

スマホやパソコンがあってネットに接続出来る環境があれば、時間だけでなく場所の制約からも解放されている仕事です。ライブチャット自体は24時間開いています。

他にも働く場所の選択肢もたくさんあるので、家の中でチャットレディをやっていたら集中出来なくなってきたら通勤チャットレディをたまにはやってみたりしたらいい気分転換になると思います♪

身バレするリスクはある?

チャットレディをやっているとつい気になってしまうのは、過去に知っている人に知られてしまうのではないかということですよね。

チャットレディの顔バレが心配なのは、副業禁止の会社でやっているからという理由の人もいるでしょうが、単純にチャットレディをやっていること自体が知られることがいやだというひともいると思います。

チャットレディを顔出しありで稼働していて、知り合いなどがあなたを見つける確率なんてのはほぼないに等しいと思います。

本業の会社に副業がばれないか?

チャットレディというのは、在宅でできて、なんの手間や初期費用などもかからずに始められる副業なので、お小遣い稼ぎがしたい女性にはうってつけの副業だと思います。ですが、兼業でやっている人は、昼間勤めている会社にばれるのではないかという不安はあると思います。

チャットレディなどの副業が、本業の会社にばれやすい原因は、ずばり年末調整です!会社側で自動的にやってくれる年末調整で住民税が不自然になってしまうと副業がバレやすいと言われています。

企業が個人に給料を支払うと、もらった個人が住んでいる自治体に給与支払い報告書を提出します。

本業以外にも副業で働いていたら、そこの副業の会社から、その従業員が住んでいる市町村に支払い報告書の提出が義務づけられています。

給与支払い報告書が送られてきた、自治体というのは給料の合計金額を計算して、それに応じた税額を一つの会社へ送付します。

決定された住民税の金額通知書というのは、一番稼いでいる会社、つまり本業の会社へと送られることになっています。チャットレディを副業にしていた場合は、チャットレディの報酬が本業の収入を上回らない限り、本業の会社に送られてしまいます。

市町村から住民税の決定通知書を送られてきた本業の会社というのは、各従業員の住民税額を自分の会社から支払った給料からすでに算出出来ているので、そこに違いがあれば、副業しているのではないかと思われます。

本業の会社にすべての収入が合算された住民税の通知書というのは、とある方法によって避けることができます!それは普通徴収をすることです!

本業の会社にチャットレディをやっていることがバレないようにするためには、至極簡単です。住民税の通知書を自分が払えばいいのです!

普通徴収で住民税を納めることにより、住民税が自治体で合算されて、本業に送られることがないので、まずバレることはありません。

住民税のみになる金額とは

本業と兼業でチャットレディなどをやっている場合は、年間の報酬額が20万円以下の場合は、確定申告しなくていいということが言われていますが、これは国に納める場合の所得税です。

住んでいる市町村に納める住民税というのは、年間の副業での収入が20万円を超えていなくても納める必要があります。

住民税は確定申告の際に、自分の自治体にチャットレディなどの副業で得た収入を普通徴収で申告することにより自分で納税することができます。

年間20万円以上で普通徴収

チャットレディなどの副業で一年間に20万円を超える収入を得た場合は、確定申告をするときに特別徴収ではなく、普通徴収を選択することにより、簡単に自分で納税することができます。

2月の確定申告のタイミングでチャットレディの一年間の報酬額を申告することにより、市町村から直接住民税が自分に通知されます。

チャットレディで稼いだ一年間の副収入を自分で確定申告することにより、自分が住んでいる自治体から自分の住所に直接納付書が送られてくるので、本業の会社にばれることなく納税することが可能です。

普通徴収が認められないとき

ですが、住んでいる市町村によっては、住民税を普通徴収として取り扱ってくれないところもあります。ですが、これは「給料」という形で受け取っているパートやアルバイトの場合のみです。

実はチャットレディというのは、他の副業とは違って特殊なパターンで、チャット会社などと雇用を結んだ関係ではないのです。

チャットレディがもらっている報酬というのは、給与という形をとっているわけではありません。普通徴収は給与収入に対してできないだけなので、チャットレディの報酬にはこの項目はあてはまりませんので、普通徴収で住民税を納めることが可能なんです。

ですが、市町村によっては副業のすべての収入も特別徴収として納めることを推進しているところもあります。

確定申告をするときに、チャットレディの報酬を本業の会社にばれないように、普通徴収にしたのになぜか特別徴収になっていると言うこともないこともないので、心配な人は市町村に確認しましょう。

ここまでお読みいただいて、女性に人気がある副業としてチャットレディがどれだけメリットにあふれているかをわかっていただけたと思います。

本業をやっている人は本業の会社にチャットレディなどの副業がバレたくないという人は多いと思うので、上記のような知識を駆使して、バレないようにやっていきましょう!